磯釣りに目覚める

私は30代になる会社員です。会社に入って20代の頃はずっと仕事ばかりの毎日でした。朝から夜中まで仕事で忙しく働いていました。やっぱり仕事オンリーだと精神的にもかなり辛くてたいへんでした。これからずっと仕事だけで一生を過ごすことになるのかと疑問も感じ始めて、一度は会社を辞めようとも考えたこともありました。

それで結婚を機に趣味を何か作らないとと考えたのです。いざ趣味を作ろうと考えてもなかなか思い浮かびませんでした。会社に入ってから結婚するまで仕事ずくめだったので土日も大した休みもなく働いていると、とても趣味を楽しむという訳にはいきませんでした。

釣りの写真

でも、ある休みの日に妻と子供を連れて旅行に行ったのです。車で出かけていて旅行先のホテルからの帰り道に海を見て帰ろうということになりました。港に車を止めてみんなで防波堤の先端まで歩いていくと地元の人らしき年配の方が釣り糸を垂れていました。

隣のバケツには魚がたくさん入っていました。年配の方はいつも夕方になるとこの場所で釣りをしているとのことでした。そんな姿を私は楽しそうに見ていてハッと思い出しました。

子供の頃には近所の川原でよく釣りをしていたっけ?子供の頃って時間の感覚もあまりなかったから土曜や日曜は朝から晩まで幼なじみと一緒に釣りをしていました。そうだ、釣りを趣味として始めてみよう・・・。この時に私はそう思いました。そこから私の新たな釣り人生が始まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です